アラサーリーマンシルベのあーだこーだ日記

アラサーの建築系で働くサラリーマンです!建築業界で思う事、資格試験、その他日々の事をあーだーこーだと書いて行こうと思います!

通勤時間別のメリット・デメリット!通勤時間30分以内が成功への近道の理由!

4月が目前に迫り、この春から新生活を始める方も多いと思います。

住まいをどこにするかって超重要ですよね。

 

私事ですが、この10年で5回引っ越ししてますw

そんなシルベのあだ名は遊牧民

 

f:id:sirube-riiman:20200328175227j:plain

 

仕事で移動したとかでは無いですw

完全に個人的な主観で引っ越しました!!

 

なので住まいをどこにするかの選定に関してはちょっと語れるんです♪

語ります。ええ語りますとも。

3月の終わりじゃなくて2月末くらいに更新するべきだったのでは!?

と思ったのはここだけのヒ・ミ・ツです!!

 

 

 

1.通勤時間別に分別してみた

この10年で済んだ住まいを、

ざっくり通勤時間時間別(※)に分別すると、

家のドア~会社のドアまでに要する時間が、

30分、1時間、1時間半と3パターンに分けられます。

※通勤箇所は複数路線が走る都内主要都市です

 

それぞれメリット・デメリットがありますので、

所要通勤時間別に分別していきたいと思います。

 

 

2.通勤時間「1時間半」に住むと感じる事

■メリット

・家賃が安い(駅から徒歩10分くらいで家賃5万ちょっとで1K)

・人のガチャガチャ感が少ない

・会社の飲み会とかで困ったら話題に出来るw

・会社の飲み会とかで帰り道がだいたい一人になるから楽w

 

■デメリット

・終電が早い

・通勤時間が単純に辛い

・災害時に複数路線が無い場合非常に脆い

・飲み会の次の日でも朝早いので朝が辛いw

 

ちなみに、通勤時間1時間半のとこに住んだ理由は…

当時の彼女と中距離恋愛だった為ですw

ちなみに…

引っ越してすぐ別れましたw

 

え?あなたアホなのかって?

若気の至りって怖いですね~~~

 

f:id:sirube-riiman:20200328224450j:plain

3.通勤時間「1時間」に住むと感じる事

■メリット

・通勤負担がギリギリ耐えられるので、住みたい街基準で住める

・探し方によっては家賃を抑えて通勤時間短縮できる

 

■デメリット

・良くも悪くも中途半端で思い入れのある街で無い限り選択しない方が◎

 

 

4.通勤時間「30分」に住むと感じる事

■メリット

・通勤が果てしなく楽。もう他に引っ越せないくらい楽

・睡眠時間を大幅に確保出来る

・買い物でも何でも周りに揃ってる

・複数路線走ってる事が多いので台風でもなんのその

 

■デメリット

・家賃が高い。

※今の部屋は駅から徒歩6分で1K家賃約8万

 

5.結局どの辺りがオススメなの??

あくまで個人的な見解ですが、

断然通勤時間30分です。

 

え?通勤時間一時間半なら好きな街に住んで、

通勤時間で勉強とかも出来るじゃんって??

チッチッチ!!!

 

通勤時間30分なら往復で2時間節約できます。

その節約した2時間で睡眠時間と勉強時間をより確保出来ます。

そもそも電車での勉強ってやりにくくないですか??

昔頑張ってやってましたが、音声教材やアプリならまだしも、

紙ベースの問題集とかはホントに向いてないです。

 

それなら30分でも睡眠時間長く取って、

カフェとかで勉強した方が遥かに有意義です。

都内オフィス街なら、AM7~PM23時くらいまでやってるとこあります。

 

それに30代になると仕事の負担は増えるのに、

付き合いも増えます。そして体力も段々落ちてきます。

20代の頃は私も徹夜して仕事を巻いたりしてましたが、

今では相当キツイですw

 

それなら毎日快適、且つ、体の負担にならない様な

位置に住んだ方が遥かにメリットがデカいです。

 

 

6.通勤時間別の生活イメージ

 

9時始業~18時終業と仮定した場合を、

イメージしてください。

 

厄介な仕事を何とか終えて時計を見れば22時。

「あ~疲れたー。帰るか~」

と席を立つ。

 

会社最寄駅に着いたのが、「22:10」 

 

■通勤時間30分の場合

自宅最寄駅着22:40

軽く夕飯を食べて帰宅23:00

お風呂等を済ませ00:00就寝

7時間睡眠を取って07:00起床

朝ご飯を食べて、8時に自宅を出る

始業30分前の08:30に会社着

 

 

■通勤時間1時間半の場合

自宅最寄駅着23:40

軽く夕飯を食べて帰宅00:00

お風呂等を済ませ01:00就寝

7時間睡眠を取りたいが、6時間として07:00起床

朝ご飯はカロリーメイトをかじりながら、

慌てて20分で支度をし07:20時に自宅を出る

始業ギリギリ08:50に会社着

 

 

これは実際に私が経験した生活スタイルです。

通勤時間長いと睡眠時間の安定確保が難しい為、

通勤電車での勉強も捗りません。

 

もはや帰るのがしんどくてビジネスホテルに泊まったりもしてました。

あとは最寄駅からタクシーで帰ったり。

余計な出費が掛かります。

 

 

よっぽどの猛者で無い限り、

通勤は一時間以内、出来れば30分以内を推奨します♪

睡眠時間の確保が出来るのが、

企業戦士には一番メリットではないでしょうか??

 

朝のあと30分寝たい…

が住む場所変えれば毎日手に入ります♪

 

7.参考文献

私の好きな千田琢哉氏も、

「通勤時間短縮が幸せのコツ」

と述べています。

 

他にも色んな自己啓発本に通勤時間短縮のススメが書かれてますので、

恐らく成功者の多くは、通勤時間が短いんだと思っています。

もし気になる方がいましたら下記リンクからどうぞ♪

↓↓

 

君にはもうそんなことをしている時間は残されていない [ 千田琢哉 ]

価格:1,430円
(2020/3/28 22:36時点)
感想(3件)

 

 

ではまた次回の記事でお会いしましょう♪